豊田朝日教室

中学生最後の定期試験直前

個別指導塾の学習空間、岡崎南・豊田朝日教室の嶋田です!

さて、いよいよ3年生は今週に学診や岡学などの総合テストが、そして学校によっては来週から期末試験がはじまります。そしておそらく、これが中学生活最後の定期試験になります。

そしてこのテストが終わると、公立高校で使う内申が決まります。最低でも現状維持を、そしてできれば内申を1でも上げられるようにしっかり仕上げていきましょう!
軽くですが、各科目の注意点を軽く書きます。範囲表と見比べて、少しでも役に立てていただければ嬉しいです。

○ 英語
Unit5とUnit6がメインになってきます。後置修飾は、日本語の文での主語述語の関係と修飾・被修飾の関係を見抜くことがポイントになってきます。問題の傾向としては、日本語を英語にする問題、並び替えはもちろんですが、同じ意味になるように適語補充をする問題(括弧の問題)や、2文を1文にする問題も出題される可能性があります。
対策プリントが配られている学校は、そこから類題が出題される可能性が高いです。早めに教室に持っていって、わからないところはしっかり先生に聞いて理解するようにしましょう。

○ 数学
おそらくは円周角と三平方の定理がメインになってくると思います。学校によっては、面積比や体積比の問題も出題されるかもしれません。いずれの場合でも、数学の友のB問題とC問題、そして章末問題は一通り解けるようにしておきましょう。振興会プリント(学校によっては白プリと呼ばれています)やLプリの問題も解けるようにしておくと、より良いです。
特に円周角の問題では、接戦と弦が作る角と円周角の関係や、円に内接する四角形の性質を使う問題、他にも孤の長さと中心角、円周角の比が同じであることを使う問題、そして2年生の時の角度の知識を使う問題(三角形の外角の公式や正多角形の一つの内角の大きさを求めるものや二等辺三角形の性質)など、さまざまな性質や知識が必要なものもあります。一つ一つは簡単でも、組み合わさることで難しくなるものもあるので、一つずつしっかり見方に慣れておきましょう。

○ 国語
国語は漢字は当然として、文法も問われやすいです。言葉のきまりがある学校はしっかり言葉のきまりを、ない学校はしっかり教室の先生に言って、対策をしてもらいましょう。また、読解としては古典が出題範囲になっているところが多いと思います。おそらくは学校の先生が授業で古語の意味や表現など大切なことを黒板で目立たせて書いていると思うので、しっかりノートを見直しましょう。
そしてあとは他の科目と同じくしっかり問題集やプリントをやり込めば、点を取れると思います。焦らず落ち着いて、一つ一つしっかりこなして覚えていきましょう。

○ 理科

理科はおそらく酸性やアルカリ性のところから天体が範囲になると思います。イオンはリトマス紙を使った実験や、中和の実験が問われやすいので、実験と関連させて理解しましょう。また、前回の模擬試験のように計算が必要なものもあるので、色々な問題をこなしておきましょう。
天体については、南中高度の計算問題や、地球がAの位置にあるとき、夕暮れ時に南の空に見える星座は何かといった感じの問題も出やすくなっています。特に方角の味方で間違える人が多いところでもあるので、しっかり図の読み取り方を理解しておきましょう。またこの問題の発展問題もでやすいです。とにかく天体は、見方をしっかり学び、読み取り方を鍛えましょう。(また重点研究の天体のところは必要な知識がよくまとまっているので、覚えておくことをお勧めします)

○ 社会

三権分立の図(三権の抑制と均衡)、需要曲線と供給曲線(の読み取り方)、公開市場操作が図としては出やすいです。また円高円安や景気の循環も少し出やすいです。
いずれにせよ、今回の単元は図や表がとても出やすいです。問題集のある学校は、最低でも問題集に載っている図表はしっかり覚えましょう。
覚えたら、実際に問題を解いて、覚えた知識の使いかたを学びましょう。あとは問題集を使って基本用語(法律とかカタカナの用語は要注意です)しっかり覚えておきましょう。

どの科目にも言えることですが、マイペースのように1、2年範囲の内容が主に書かれている問題集(学校によってはプリント集。いずれも宿題で日々出されているものです)からもよく出題されます。学校によっては全く同じ問題も出るので、忘れずしっかり取り組みましょう。

言うまでもないことですが、理科の学習などの問題集からも類題が出題されやすいので覚えていないところ、理解していないところはしっかり確認しておきましょう。

範囲表を見ずに言えることは、上のことくらいです。範囲表を見れば、より細かいところまで(こういうところが出やすいなど)言えると思うので、もしもまだ教室に持ってきていない人は教室に持ってきましょう。

最後に繰り返しになりますが、いよいよこの試験で内申が決まります。することも多く、何から手をつけていいのかわからない、もしくはする前から諦めてしまっている人もいるかもしれません。しかし、どれだけ早い学校でもまだ1週間はあります。何から手をつけていいのかわからなければ、先生に相談しましょう。そしてもしも量に圧倒され押しつぶされそうならば、先生に相談してするものの優先順位をつけてもらい、一つでもできるものを増やして、テストに臨みましょう。
1でも内申をあげられるよう、悪くとも内申を維持できるよう、そして受験本番に向けてのラストスパートに弾みをつけられるよう、一緒に頑張りましょう!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

年末ですね

個別指導塾の学習空間、岡崎東教室・岡崎北教室の夏目です。
 今はちょうど冬期講習の真っ只中でございます。
皆さんは学校の冬休みの課題は進んでいますかー?
年末の予定は決めていますかー?
私は家でテレビを見て笑って年を越そうと思います。 
新年を迎えたら受験生にとってはあっという間です。後悔しないように塾にたくさん来て
わからないところを少しでも多く減らしていきましょう。 
それではまた。
豊田・岡崎・西尾の塾なら個別指導の学習空間

休暇のお知らせと保護者面談期間中の指導時間について

個別指導塾の学習空間、豊田大林・西尾教室のカトーです!!

12月は冬期休暇のため、指導をお休みさせていただく日が多いです。
そのため、教室にお休みの日程を明記したカレンダーを教室に掲示してあります。
ご迷惑をおかけしますが、ご確認の程、よろしくお願いいたします。

また、12/16(土)~12/22(金)は16:00~19:00まで保護者面談期間とさせて頂きます。(土曜日は14:00~17:00まで)
そのため、平日の通常指導は19:00から開始します。
お手数をおかけしますが、お間違いないよう予めご承知ください。

愛知の塾なら個別指導の学習空間

試験7日前

個別指導塾の学習空間、岡崎南・豊田朝日教室の嶋田です!

多くの中学校で、27日の月曜日から、ついに定期試験が始まります。今回の試験は、1年生は再結晶や濃度の計算、数学の方程式や比例の問題が、2年生は(学校にもよりますが)オームの法則や数学の角度の計算が、3年生もイオンや数学の相似、平行線の問題と難しいところが多く、英語や国語の文法も難しいところが盛りだくさんです。

これだけに、テストまでの対策がとても大切になってきます。この1週間で、一つでも多くのことを覚え理解し、しっかり対策をして臨みましょう。

ラストスパートをかけ、一緒に乗り切りましょう!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

体調管理は大切

個別指導塾の学習空間、岡崎東・豊田朝日教室の木村です!

最近、気温が急激に下がり始めてきており、塾に来ている生徒の中には体調が悪そうな子が増えてきました。
中には、体調不良で塾を休む生徒もいます。
季節の変わり目ですので、体調を崩しやすい時期で仕方のない面もありますが、
みなさん体調を崩さないように日ごろから気をつけて生活してください。
とくに受験生の生徒は一日一日がとても大切になってきます。
受験日当日に体調を崩さないためにも今のうちから体調管理を徹底していきましょう!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

10月はコンビニの〇〇が1番売れる!?

個別指導塾の学習空間、西尾・豊田大林教室のカトーです!

寒くなってきましたね、体調崩していませんか?
私は…丈夫だけが取り柄なので元気です(笑)

さて、先日テレビでお天気情報をチェックしていたら気象予報士のお姉さんが面白いことを言っていました。
10月は日中と夜間の気温差が激しいため、実際の気温よりも体感温度が低いらしいです。そんな10月はコンビニのおでんが最も売れる月間だそうです。確かに、おでんはおいしいですし、この時期になると全品70円セールなども行っているのでコンビニ業界は書き入れ時ですね。ちなみに、私はセブンイレブンのおでんが1番おいしいと思います。今夜も買って帰ろうかな~( ^ω^ )

天気というと大型の台風が接近中なのでご注意ください。
「警報出ているけれど教室は空いてるの?」という場合は教室に電話をしてご確認ください。よろしくお願い致します。

それでは、また教室でお会いしましょう☆

愛知の塾なら個別指導の学習空間

テストお疲れ様です。

個別指導塾の学習空間、岡崎南・豊田朝日教室の嶋田です!

皆さん、先週はテストお疲れ様です! そして幸田北部中と岡崎市立南中学校、そして豊田の浄水中の皆さんは、いよいよ明日からテストですね。これまでのテスト勉強の成果がしっかり出せるように、今日はしっかり休んで、万全の状態で明日を迎えましょう!

さて、テストが終わった皆さんは、明日からテストが返ってきます。学校によっては、金曜日に返されていると思いますが、明日から一気に返ってきます。良い科目もあれば悪かった科目もあると思います。また、良かった科目の中でも反省点が、悪かった科目の中でも自分の成長した部分があるかもしれません。また1ヶ月後には試験があるので、今回のテストを良かった悪かったでひとまとめに考えず、しっかりと次のテストに向けての課題を見つけ、次のテストではその課題を克服できるように一緒に頑張りましょう!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

答えを見ることは良いことか?悪いことか?

こんにちは。個別指導塾の学習空間、豊田大林・西尾教室のカトーです!!

秋ですね。私個人は、食欲の秋です。
自宅近くのラーメン屋さんに行ったり、秋限定のパンプキンアイスを食べて満喫しています。…また太ったね!?って生徒から言われないように気をつけます。(笑)

さて、今回は問題集を解く時に、解き終わる前に答えを見ることが良いことなのか?それとも悪いことなのか?について私の意見を述べさせて頂きます。
ズバリ、答えを見ても良いと思います。ただし、条件付きです!!
確かに、問題を解き終わる前に答えを見てしまっては真の実力がつかないのでは!?という考え方もあると思います。
しかし、勉強は気合や根性も必要ですが、最も必要なのは頭を使って考えることです。いつまで経っても分からない問題とにらめっこしていても前進出来ません。そういう自分ひとりで解けない問題は答えを見てから考えることをおすすめします。ただし、以下の二つの条件を意識して答えに目を通しましょう。

一つは、ゴール地点から逆算するイメージを持ちながら見ることです。これは料理に例えると分かりやすいです。
カレーライスを作れる人は、なぜ作れるのでしょうか?当然、カレーライスという完成品を見たことがあるからです。だから、人参と玉ねぎとお肉が必要で、それを食べやすく切って、カレーのルウと一緒に煮込めばいいというゴールまでの道筋がはっきりと分かっているはずです。数学に置き換えるなら、材料は知識や公式です。調理から完成までの過程が解き方・考え方の部分です。
このような意識を持って見れば、そもそも知識不足で前の単元を復習すべきなのか、数学的思考が足りないので類題を解いて訓練するべきなのかという課題が見えてきます。

あと一つは、もう一度同じ問題を解くことです。その時は正解することが目標ではありません。自分がたどり着いたレシピを先生やまだ解けない人に教えるためにはどうすればいいかを一生懸命考えて下さい。
これは私の持論なので、例えはありません。
私は、一流の人間とは記録を持っている人や能力が高い人だと思っていません。
「自分が人より勉強が得意なら、スポーツが得意なら、面白い話が出来ておしゃべりが得意なら」出来ない人に何をしてあげられるか。その楽しさや素晴らしさを知らない人にどうやって伝えられるかを一生懸命考えて行動する人を一流と考えています。
そんな先生になりたいなと思って毎日生徒と切磋琢磨して頑張っています。もし、勉強に困っている人がいればお気軽に教室に来てください☆
それでは、また教室でお会いしましょう(●^o^●)

愛知の塾なら個別指導の学習空間

東大生が知っている、「ウンチク」

個別指導塾の学習空間、西尾・豊田大林教室のカトーです!!

日中はまだまだ暑いですが、朝晩はだんだんと涼しくなり徐々に秋が近づいているなと感じます。

さて、今日は現役の東大生がお話していたウンチクをご紹介させていただきます。
皆さんは “salad”(サラダ)という英単語の語源は”salt”(塩)だということはご存知ですか??
サラダは、ドレッシングなどが存在する前、はるか昔は塩をかけて食べられていたそうです。そこから”salt”という単語から派生していき”salad”になったのです。お菓子やおせんべいにサラダ味ってありますよね??あれが限りなく塩味に近いのはそれが理由です。知っていましたか??
実は、”salary”(給料)という単語も”salt”が語源で派生したのです。古代ギリシャの時代から塩は貴重なものとされていて兵士たちにご褒美や戦利品として与えられていたそうです。

いかがでしたか??漢字に意味があるように英単語にも語源や誕生した背景があるので、分からない単語を調べるついでにぜひ探してみてください☆
しかし、あくまでウンチクです。諸説あることと、本業は目の前の学業であるという2点は忘れずにお願いします!(笑)
特に豊田市の中学生は学力診断テストと前期期末試験の直前なのでそちらに専念しましょう。

それでは、また教室でお会いしましょう☆

愛知の塾なら個別指導の学習空間

もうすぐ9月!

個別指導塾の学習空間、豊田朝日・岡崎東教室の木村です!

学習空間では、3年生で週3・3時間コースの生徒は9月から4.5時間勉強していくことになります。
9月ごろになると、多くの生徒が部活を引退し、勉強に専念し始めます。
これから先は、定期試験や学力テストでの競争が熾烈を極めてきます。
受験の日に後悔することがないように、毎日成長できるような勉強を
していきましょう!

愛知の塾なら個別指導の学習空間