豊田朝日教室

答えを見ることは良いことか?悪いことか?

こんにちは。個別指導塾の学習空間、豊田大林・西尾教室のカトーです!!

秋ですね。私個人は、食欲の秋です。
自宅近くのラーメン屋さんに行ったり、秋限定のパンプキンアイスを食べて満喫しています。…また太ったね!?って生徒から言われないように気をつけます。(笑)

さて、今回は問題集を解く時に、解き終わる前に答えを見ることが良いことなのか?それとも悪いことなのか?について私の意見を述べさせて頂きます。
ズバリ、答えを見ても良いと思います。ただし、条件付きです!!
確かに、問題を解き終わる前に答えを見てしまっては真の実力がつかないのでは!?という考え方もあると思います。
しかし、勉強は気合や根性も必要ですが、最も必要なのは頭を使って考えることです。いつまで経っても分からない問題とにらめっこしていても前進出来ません。そういう自分ひとりで解けない問題は答えを見てから考えることをおすすめします。ただし、以下の二つの条件を意識して答えに目を通しましょう。

一つは、ゴール地点から逆算するイメージを持ちながら見ることです。これは料理に例えると分かりやすいです。
カレーライスを作れる人は、なぜ作れるのでしょうか?当然、カレーライスという完成品を見たことがあるからです。だから、人参と玉ねぎとお肉が必要で、それを食べやすく切って、カレーのルウと一緒に煮込めばいいというゴールまでの道筋がはっきりと分かっているはずです。数学に置き換えるなら、材料は知識や公式です。調理から完成までの過程が解き方・考え方の部分です。
このような意識を持って見れば、そもそも知識不足で前の単元を復習すべきなのか、数学的思考が足りないので類題を解いて訓練するべきなのかという課題が見えてきます。

あと一つは、もう一度同じ問題を解くことです。その時は正解することが目標ではありません。自分がたどり着いたレシピを先生やまだ解けない人に教えるためにはどうすればいいかを一生懸命考えて下さい。
これは私の持論なので、例えはありません。
私は、一流の人間とは記録を持っている人や能力が高い人だと思っていません。
「自分が人より勉強が得意なら、スポーツが得意なら、面白い話が出来ておしゃべりが得意なら」出来ない人に何をしてあげられるか。その楽しさや素晴らしさを知らない人にどうやって伝えられるかを一生懸命考えて行動する人を一流と考えています。
そんな先生になりたいなと思って毎日生徒と切磋琢磨して頑張っています。もし、勉強に困っている人がいればお気軽に教室に来てください☆
それでは、また教室でお会いしましょう(●^o^●)

愛知の塾なら個別指導の学習空間

東大生が知っている、「ウンチク」

個別指導塾の学習空間、西尾・豊田大林教室のカトーです!!

日中はまだまだ暑いですが、朝晩はだんだんと涼しくなり徐々に秋が近づいているなと感じます。

さて、今日は現役の東大生がお話していたウンチクをご紹介させていただきます。
皆さんは “salad”(サラダ)という英単語の語源は”salt”(塩)だということはご存知ですか??
サラダは、ドレッシングなどが存在する前、はるか昔は塩をかけて食べられていたそうです。そこから”salt”という単語から派生していき”salad”になったのです。お菓子やおせんべいにサラダ味ってありますよね??あれが限りなく塩味に近いのはそれが理由です。知っていましたか??
実は、”salary”(給料)という単語も”salt”が語源で派生したのです。古代ギリシャの時代から塩は貴重なものとされていて兵士たちにご褒美や戦利品として与えられていたそうです。

いかがでしたか??漢字に意味があるように英単語にも語源や誕生した背景があるので、分からない単語を調べるついでにぜひ探してみてください☆
しかし、あくまでウンチクです。諸説あることと、本業は目の前の学業であるという2点は忘れずにお願いします!(笑)
特に豊田市の中学生は学力診断テストと前期期末試験の直前なのでそちらに専念しましょう。

それでは、また教室でお会いしましょう☆

愛知の塾なら個別指導の学習空間

もうすぐ9月!

個別指導塾の学習空間、豊田朝日・岡崎東教室の木村です!

学習空間では、3年生で週3・3時間コースの生徒は9月から4.5時間勉強していくことになります。
9月ごろになると、多くの生徒が部活を引退し、勉強に専念し始めます。
これから先は、定期試験や学力テストでの競争が熾烈を極めてきます。
受験の日に後悔することがないように、毎日成長できるような勉強を
していきましょう!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

もうすぐ新学期です。

個別指導塾の学習空間、豊田朝日・岡崎南教室の嶋田です!

夏休みも終盤に入り、もうすぐ新学期が始まります。豊田市では、休みが明けると、すぐに学診があり、その後すぐに定期試験もあります。特に3年生は、この定期試験で前期の成績が決まります。
今回の試験は範囲も広く、また問題も難しくなります。夏休みの課題やマイペースなどのワークからも出題する学校もあるため、しっかりテスト範囲表を見て、宿題もしっかり何周もしましょう!

また今週の土曜日に模擬試験があります。学診と同じく1年生から3年生はまでの内容が範囲になります。学診を見据えて実力を試し、わからなかったところやできなかったところをしっかり確認して対策し、本番に臨みましょう!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

岡崎北まもなくオープン!

個別指導塾の学習空間、豊田朝日、岡崎東教室の木村です!

まもなく、岡崎北教室がオープンします。
詳細は、この前の荒井先生のブログの記事で詳しく書いてありますので、
そちらをチェックしてください。

愛知エリアは教室が着々と増えてきており、先生も少しずつ多くなってきているので、
エリア全体がだんだんとにぎやかになってきました。

今私が入っている教室が他の教室に負けないようにより一層精進し、
切磋琢磨して愛知エリアがもっと盛り上がっていけるように頑張っていきたいですね!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

変化を受け入れる

個別指導塾の学習空間、豊田大林・西尾教室のカトーです!!

毎日暑いですね。梅雨入りしたのになかなか雨降りませんね。
豊田大林教室の皆さん、前期中間試験お疲れ様でした。西尾教室の皆さんは第一回定期試験直前です。これが終われば夏休みはすぐそこです。もうひと頑張りです。先生と一緒に乗り切りましょう。

私事ですが、先日健康診断を受けてきました。私は単身赴任で愛知県に来て3年目を迎えますが、体重がちょうど10kg増えていました。運動不足って怖いなと痛感しました。そんな矢先に兄の結婚式がありまして…昔のスーツはもう着られませんでした(笑)

私の場合は内容が個人的過ぎて参考にならないかもしれません。しかし、自分も周りも少しずつ変化していくものです。この先、良い変化も悪い変化も様々あるでしょう。大事なのはそこから逃げるのではなく、まっすぐに受け止めて今後どのようにしていくか考えられると良いですね。例えば、テストの結果を見て、「もうダメだ」の一言で終わるのではなく、何がどうダメだったかしっかり見つめ直しましょう。テスト勉強に取りかかるのが遅かったのか、どの単元をもう少し勉強しておくべきだったのか。自分の良い所だけでなく、悪い所と向き合えるようになるととても成長します。
勉強を通じて、テストの点数だけでなく、自分と向き合い変化を成長に変える姿勢を身に付けられるように先生も頑張るので皆さんも頑張りましょう!!

なんて生徒にえらそうなことばかり言うだけだと説得力ないので、先生も今日からダイエットします。応援よろしくお願いします。

ではでは、教室でまたお会いしましょう☆

愛知の塾なら個別指導の学習空間

マナーについて

個別指導塾の学習空間、豊田朝日、岡崎東教室の木村です!

この時期は修学旅行や職業体験をする生徒が多いですね。
私が高校生の頃、修学旅行の班行動中にお寺の住職の方の話を聞く機会がありました。
しかし、班員の一部の人間が興味がないからと言って、はじめから隅の方に座って
全く話を聞こうとしませんでした。こういった行動は、相手の方にとても失礼で
腹立たしく感じましたし、住職の方もいい気持ちにはならないでしょう。
修学旅行や職業体験では、こういったマナーを学ぶ場でもあると思います。
他にも多くのことを学ぶことができると思いますので、こういった経験を
普段の生活でも活かしていきましょう!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

定期試験まであと少しです。

個別指導塾の学習空間、岡崎南・豊田朝日教室の嶋田です!

岡崎南教室では、全ての中学校の中間試験が終わりました。新しい学年になってから初めて受ける試験でしたが、
結果はいかがでしたでしょうか。まずはしっかり直しをして、しっかり気持ちを切り替えましょう。

この時期は修学旅行や職場体験等、学校行事があります。また、1年生は部活動も始まり大変な時期に入ります。テストも終わったばかりだからと気を抜いてはいけません。
幸田北部中など一部の学校は来週の水曜日から、その他の学校も翌週には、テスト2週間前になります。

テストが終わった後だからこそ、今回の嬉しさや悔しさを忘れずに、次のテストに向けてしっかり気持ちを向けていきましょう!

競争することはいいこと

個別指導塾の学習空間、豊田朝日、岡崎東教室の木村です。

競争というものは、世の中のあらゆる場面に存在しており、社会の基本的なルールとなっています。
また、競争することで一人で行うよりもよりよい結果を出すことができます。
例えば、フィギュアスケートというスポーツはタイムを競う競技ですが、二人で走らせて記録をとることになっています。
それは、二人で競っていた方が良いタイムが出るとわかっているからです。
勉強も同じです。切磋琢磨できるライバルがいると、負けたくないと奮闘できるものです。
勘違いすべきないのは、競争することと、蹴落とすことは全く違うということです。
なぜなら負けたくないからと言って、わからない問題を教えないとか話を無視するようなことをしても、
仲が悪くなるだけでなく自分のためにも相手のためにもならないからです。
皆さん良きライバルを持って、一緒に成長できる仲間を見つけていきましょう。

愛知の塾なら個別指導の学習空間

前期中間テスト前

個別指導塾の学習空間、西尾・豊田大林教室のカトーです!

私事ですが、5/11に27歳の誕生日を迎えました。子供のころはあんなに待ち遠しかった誕生日が、今となっては億劫になっていますが、27年目のカトーも全力でがんばります!(笑)

さて、豊田市の中学校は前期中間テストが目前に迫っていますね。ちゃんと計画的に勉強出来ていますか??
部活も休みになると思うので毎日塾に来て一緒に勉強しましょう!!

毎日塾に来てくれた生徒にはなんと…!!
学生時代は勉強が嫌いだったカトー先生が、なぜ学習空間の先生になりたいと思ったのかというマル秘エピソード?が聞ける特典がついてくるかもしれません☆

その特典はいらないと思いますが(笑)。
テスト勉強はただ点数を取るだけでなく自分を成長させてくれるとてもいい機会なので、みんなで一緒に頑張りましょう!!

それでは、教室でまたお会いしましょう!!

愛知の塾なら個別指導の学習空間